マドンナ

  諸般の事情がありまして、歌のアップが多くなってます。
  出来れば6月中にいまある音源を全てアップしたいので・・・

  今回は、マドンナ、若き頃にラジカセ2台で
  二重録音したものです。








        『マドンナ』
                 詩・曲・歌 シーさん

  僕の町に向かうこの船は君を一緒に乗せて夜の海を走る
  夜の海には何も無いけれど灯台の明かりが君を照らす
  君は僕の事なんか気付いちゃくれないだろう
  そんなことは判っていてもまた君と同じ船に乗る

  君はいつも同じ席に座る一番後の席は君の指定席
  僕はいつでも君の横の席に座って君を観てる
  君はこの船のマドンナだからみんなが狙っているよ
  そんなことは判っていてもまた君と同じ船に乗る

  マドンナ君はどうしてあの町に行くのか
  君の住む町は僕と同じ町の筈なのに
  マドンナ君はあの町に好きな人でも居るのかい

  海の向こうに汽車が行くよ夜汽車は僕の乗った船を追い越して行く
  いつか僕も誰かに追い抜かれて君を奪われてしまい悲しさに泣くのか
  君はいつかこの船を下りる時が来るだろう
  そんな事は判っていてもまた君と同じ船に乗る

  マドンナ君は僕の事気付いて欲しい
  いつか君も都会へ出て行くのだろう
  マドンナこのままで、君に愛を打ち明けようか

  マドンナ君はどうしてあの町に行くの
  君の住む町は僕と同じ町なのに
  マドンナ君はあの町に好きな人でも居るのかい

  マドンナ君はあの町に誰か良い人居るの
  マドンナ応えておくれよって悲しさに泣く僕は
  マドンナ君はもう僕のこと嫌いになったかい


"マドンナ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント